墓地を利用

数珠と祈る男性

昔は家にお墓があって、その墓地に入るというのが一般的でした。 しかし最近では家にお墓がないこともあります。 なので、それぞれ個人で墓地をチェックして購入をしなければいけない、ということがあるのです。 また、様々なところに形式に捉われない墓地が出来てきており、仏教式だけではなく、無宗教であってもキリスト教式であったり、墓石に刻む文字もありがとうという言葉や感謝という言葉を入れて、個性を出すということも可能となっているのです。 墓地に限らず、納骨堂で対応をするということも増加をしています。 納骨堂のほうがリーズナブルですし、アクセスもしやすくなりますし、天候に左右されないというメリットがあるので、人気が高いのです。

墓地には種類があり、公営や民間、寺院、さらには共同墓地もあります。 公営墓地はその名の通り、県や市町村が運営している墓地、霊園です。メリットとしては公的な機関が運営しているため墓地の存続に永続性が期待できること、宗派等に制限がないことが挙げられます。 一方、民間墓地は、宗教法人や公益法人から運営委託を受けた民間企業が運営している墓地です。メリットは宗派等の制限が比較的緩いことや墓石のデザインを自由に選べることなどが挙げられます。 寺院墓地は檀家専用の墓地です。場合によって永代供養をしてもらうことが可能なケースが多いです。 共同墓地については、近隣の人が共同で運営しているものですが、現在は法律によって勝手に作ることができません。